池田 花梨

自守自抱

友人が胸元にひとつ、青い鳥のタトゥーを入れていた。
薄着をしていないとわからないような所。
自分には信じるものがないから何か信じるものが欲しくてと教えてくれた
彼女の胸元に羽ばたいている鳥はきっと彼女自身と彼女が大切にしている人にしか見ることができない
タトゥーを入れる理由はあったりなかったり人それぞれだと思う
撮影した彼女は一つ一つ理由は違えど全て意味があって
私はそれをとても眩しく思った。
自分を守るのも、大切にするのも誰かに与えられたものではなく
自分で選び、自分のものにした物だけだ。

 
 
I had a blue bird tattoo on my friend’s chest.
Where you can’t tell unless you wear light clothes.
She said she wanted to believe something because she had nothing to believe in herself.
The bird flapping on her chest can only be seen by herself and the people she cares about.
I think there is a reason to put a tattoo on each person
She took a picture of her She has various reasons, but she all makes sense to her
I thought she was very dazzling.
She is not given to anyone to protect or cherish herself.
She only chooses and makes herself.

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

instagram.com/ikd_yokkori

Model : UZUKI

友人が胸元にひとつ、青い鳥のタトゥーを入れていた。
薄着をしていないとわからないような所。
自分には信じるものがないから何か信じるものが欲しくてと教えてくれた
彼女の胸元に羽ばたいている鳥はきっと彼女自身と彼女が大切にしている人にしか見ることができない
タトゥーを入れる理由はあったりなかったり人それぞれだと思う
撮影した彼女は一つ一つ理由は違えど全て意味があって
私はそれをとても眩しく思った。
自分を守るのも、大切にするのも誰かに与えられたものではなく
自分で選び、自分のものにした物だけだ。