立原 位貫

復刻

江戸時代の浮世絵の色、材料、紙を再現し探究することに生涯を費やした版画家がいた。現存する浮世絵は時間とともに色や紙が劣化しているので、当時のものの鮮やかさはわからないが、立原 位貫氏の摺る浮世絵は遥かに鮮やかで、時より細部を表現する為に彼の解釈が入っている。2015年、それらを一堂に会した山口県立萩美術・浦上記念館での展覧会の開催直前に他界されている。立原 位貫氏が生涯を捧げた浮世絵の一部、大英博物館(イギリス・ロンドン)に収蔵された作品を一人娘、安位子さんの協力で掲載しました。貴重な作品です。
オリジナル作品も素晴らしいので、次の機会に掲載を予定しています。

There was a printmaker who spent his life exploring the colors, materials, and paper of ukiyo-e in the Edo period. The colors and paper of the existing ukiyo-e have deteriorated over time, so I do not know the vividness at that time, but the ukiyo-e drawn by Mr. Inuki Tachihara is more vivid, but if the detailed expression is his interpretation There is also. He died in 2015, just before the exhibition at the Yamaguchi Prefectural Hagi Uragami Museum of Art. The work of the British Museum (London, England) is part of Ukiyo-e, which Mr. Inuki Tachihara devoted his life to, and was published with the cooperation of his only daughter, Ms.Yasuko. It is a valuable work.
The original is also wonderful, so I plan to release it at the next opportunity.

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

instagram.com/arte_vinculo_inuki

江戸時代の浮世絵の色、材料、紙を再現し探究することに生涯を費やした版画家がいた。
現存する浮世絵は時間とともに色や紙が劣化しているので、当時のものの鮮やかさはわからないが、立原 位貫氏の摺る浮世絵は遥かに鮮やかで、時より細部を表現する為に彼の解釈が入っている。
2015年、それらを一堂に会した山口県立萩美術・浦上記念館での展覧会の開催直前に他界されている。
立原 位貫氏が生涯を捧げた浮世絵の一部、大英博物館(イギリス・ロンドン)に収蔵された作品を一人娘、安位子さんの協力で掲載しました。
貴重な作品です。オリジナル作品も素晴らしいので、次の機会に掲載を予定しています。